皇后杯入場者数

2018年12月2日

皆さんご存知のように今季も皇后杯の入場者数が少なく、心がブルーです。しかも、入場無料。アウェイのサポーターは入場料の何倍もの旅費が必要で、入場無料は然程、影響を与えないようですが、開催地地元の方は、無料だから、さて行ってみようか、にはならないみたいです。何でもそうですが、無料だからといって、足を運ぶものではないとは理解しています。

ではこの魅力ある女子サッカーを多くの方々に知らしめて、スタジアムにいかに足を運んで頂くかとなると、難しいものがあります。

男子サッカーと同じスポーツとして売ると、それは負けてしまいます。僕は違うスポーツとして、何かを変えたらと思いますが、その何かが分かりません。まさか、ルールは変えられないでしょうから。

オフサイドなしとか。肩から膝までの手は使っていいとか。GKも手は使えないとか。(笑)

ある方面でプロ化が議論されており、目的は勿論、観客数の増加も含めた女子サッカーの発展でしょうが、僕はその前にやらなければならない事が山積していると思います。プロ化すれば全てが解決されるとの論調には違和感を覚えます。

コンさるへご意見・ご感想がある方は・・

ご記入いただきましたご意見は
承認制により、公開させていただきます。