ドイツ敗退の教訓

2018年6月28日

まさかの、1次リーグ最下位敗退。誰が予想できたでしょう。世界では絶対王者のドイツ、何故負けたのか。

にわか評論家のコンさるが、勝手に解説致します。サッカーで勝つにはポゼッション力、パス能力、シュート数等が良いに越した事はありませんが、それだけでは勝てません。勝つ為のサッカーをしなければなりません。

そんな簡単の事は皆さんはご存知かと思います。

では、勝つ為にどうするか。相手によって、戦い方を変えるということです。よく、「強い者が生き残るのではなく、変化に対応できる者が生き残る。」と言いますが、まさに、それだと思います。

実力の低いチームが強いチームに勝つには、守備を固めて、裏を取る、これしかありません。皆さん、ご存知のカウンターです。よく、自分達のサッカーということを言いますが、それはべースになる戦い方の事を言い、いつも同じ戦い方では勝てません。

ドイツが何故勝てなかったか、多分、慢心というメンタリティだと思います。強過ぎる代表チーム、そして、選手もバイルエン・ミュンヘン 等の強豪チームでプレーしているが故、劣勢時の流れを変える戦術とメンタリティが無かったように、試合から感じとりました。

分かりきった解説ですみません。

皆さん、にわか評論でワールドカップを楽しみましょう。

頑張れ!日本!

コメント / トラックバック2件

  1. お好み焼き より:

    数字だけでは現せないもの
    去年の皇后杯の準優勝のように
    数字だけでは現せないものが何か左右する
    フットボールは何が起こるか分からない

コンさるへご意見・ご感想がある方は・・

ご記入いただきましたご意見は
承認制により、公開させていただきます。