ムーンライト

2017年4月14日

本年度アカデミー賞作品賞受賞作品です。

ラ・ラ・ランドに間違い受賞されそうになった作品です。

アメリカ、とりわけ黒人社会の課題を1人の黒人少年の成長を通して描いた作品です。

社会的弱者の一部はこのような裏社会の人生に成らざるを得ないのかも知れません。

何事も勝者がいれば、敗者がいます。これは一定のルールの中では問題ありません。

ルールが無かったり、勝者が敗者(弱者)をリスペクトしない場合は色んな問題が発生します。

それが差別であり、テロであり、戦争です。

日本近隣で争いが起こらず、世界でも安全にサッカーを楽しめる日が来る事を願ってます。

追伸

アメリカ映画って、作りが大陸的で、日本のような緻密さはありませんね。(笑)

コンさるへご意見・ご感想がある方は・・

ご記入いただきましたご意見は
承認制により、公開させていただきます。