ドイツ紀行2

2015年4月13日

  

 

メルセデスベンツアリーナにシュツットガルト(対ブレーメン戦)の応援に行ってきました。アウェイのサポーターがあちこちでホームサポーターと混在し、ゴール裏以外ではアウェイユニを着て応援しており、ビックリしました。

  

火事ではありません。選手入場時の発煙筒です。スタジアム全体が煙に覆われ、キックオフが遅れたようです。

  

我等が日本代表酒井高徳は残念ながらベンチでした。

  

試合はシュツットガルトが2度リードし、2度追いつかれましが、最後に突き放し、3対2で勝利しました。大変、楽しめた試合でした。

  

バックスタンド、最前列は車椅子席でクラブのキャラクターが接待してました。

 

  

ゴール裏の熱気と声量は凄まじいです。

又、試合前はビール片手に大勢のサポーターがサッカー談義に花を咲かせて、この街にブンデスリーガがある喜びを噛み締めておりました。

シュツットガルトはリーガ最下位でしたが、サポーターの諦めない声援で、この試合に勝利し、最下位を脱出致しました。

おびただしいボランティアとポリスの数に驚きましたが、地域に愛されているチームだと、試合前、試合後のサポーターの笑顔から感じました。

日本では我が愛するチームが大敗をきしてメンタルが心配です。最下位のチームでも、こうして愛されて熱い声援を受けてますので、愛するサポーターが一人でも居る限り、前を向いて、コンさるはステラファミリーと共に闘います。大事な時期に留守して、申し訳ありません。

      

コメント / トラックバック6件

  1. お好み焼き より:

    あれ?確か第3節は、コンさる君はピッチ上からスタンドに向かって手を振ってたはずだが?
    このブログの事は、子供には黙ってよう。

  2. せんちょ より:

    試合は見事なまでの大敗でした。
    AC長野の素晴らしいゲーム運びに驚嘆するしかなかったです。

    でも、来てくれたステラを愛する皆さんは試合終了まで・・・いや、最後のハイタッチまでチームを後押ししてくれました。

    最後まで罵声一つ飛ばない(前向きな叱咤激励はありましたけどね)そして、ハイタッチではしっかり選手・コーチが一人一人を出迎えてくれる。こんな一体感のあるチームなんて他にないですよ。

    次はチームが勝利で、サポーターのステラ愛に応える番ですよね。
    荻野、大和で西が丘で勝って、ギオンスに帰りましょう。
    私もいつもと変わらず・・・いやいつも以上に応援していきます。
    尾山キャプテン・坂本副キャプテンに先輩風を吹かせるためにも。

    最後に、コンさるさんの帰還をサポーター一同、心よりお待ちしています!

    • コンさる より:

      ステラファミリーである皆さんのステラ愛は相手チームからも伝わってきます。
      皆さんも背番号12のポジションでスタンドの戦士と云う考えで、今後も取組んでまいります。いつも、応援有り難う御座います。

  3. お好み焼き より:

    さんちょさんのコメント、全く同感です。
    試合前の相模発想コンテストの表彰式では、
    なんと我がサポーターは、
    受賞者のチャントを即興で贈ってるのを見て、
    本当に心がホッコリしました。

    ステラファミリーは、良い響きですね♪
    試合に勝っても、負けても、
    笑顔で家に招き入れるのが、ファミリー(家族)ですから♪

コンさるへご意見・ご感想がある方は・・

ご記入いただきましたご意見は
承認制により、公開させていただきます。