春うらら「Jリーグ」

2012年4月30日

試合前、街にJリーグのクラブがある幸せを感じています。>単に、ビール飲んでいるだけでしょ。そういう言い方も出来ますが、ヨーロッパ流です。↓

仙台から多くのサポーターが駆け付けました。ようこそ新潟へ。

↓GW初日なのに、空席も目立つ「ビックスワン」ホーム側です。↓

久し振りにJリーグの「アルビ」ネタです。土曜日に行われた、首位「仙台」対降格危機の「新潟」戦です。試合の方は0-1で新潟が負けました。ワタクシ達は負けても、負けても応援します。何故なら、ワタクシ達の(地域の)チームですから。でも、もっと強くなって欲しいとは勿論、思います。
この日の入場者数は約24千人です。バブルの時は4万人の入場がありました。これでも、当日に行われたJリーグの試合では最高の入場者数です。Jリーグは危機感を感じて欲しいと思います。原因がどこにあるのか。色々とあると思いますが、ワタクシの私見では①地上波の放映が少なく、生観戦予備軍を育成出来ていない。②J2も含めて、マーケットの大きさと比較しクラブ数が多過ぎる。③一部選手のスポーツマンシップの欠如(無意味な異議等)④審判の誤審が多く、審判が勝敗を決める試合もある。最後に、個人的には金髪に髪を染めた選手を見ると、好きになれません。(笑い)

コンさるへご意見・ご感想がある方は・・

ご記入いただきましたご意見は
承認制により、公開させていただきます。