Archive for 6月, 2018

皆んなで勝ち取った勝利

水曜日, 6月 20th, 2018

写真は小田急センチュリーでのPVです。

僕は標題の言葉が大好きです。

ワールドカップvsコロンビア戦後、MVP級の活躍をした長友選手の言葉です。

サッカーはチームスポーツでFW一人で点は獲れません。ボールを繋いで、

ゴールが決まります。でも、これはピッチ内の事、この他に、ベンチスタートの選手のサポート、コーチングスタッフの指導育成、サポーターの共に闘う応援。これも、うちはだけの世界、試合を運営するスタッフがいて、始めて、試合が開催されます。

それにしても、小田急センチュリーで開催されたPVは盛り上がりましたね。

本当にロシアに届いたような熱気と大声援でした。地域貢献の為に開催された小田急センチュリーさんに感謝申し上げます。

そして、沢山のステラサポーターのご参加有難う御座いました。

リスペクト

月曜日, 6月 11th, 2018

先日のギオンスでのホームゲーム、後片付けをして頂いていたエゼクトレ(ボランティア)に対し、相手チームの実行委員がご苦労様の声掛けをして下さり、エゼクトレのお一人がえらく感動されておりました。

試合を開催するには運営が必要で、その中心がボランティアであると云う事を、身をもって感じておられるから、リスペクトしているのです。この方も試合の準備をボランティアと一緒にされている方です。

一方、アスリートファーストの言葉の定義はよく解りませんが、自分としては、試合時に最高のパフォーマンスが発揮できるよう、関係者が環境面を含めてサポートする事と理解しております。

ところが、ファーストの部分が釈然としません。何と比べてファーストなのかと。ある実績のある元アスリートが何でもファーストである必要はない、アスリートリスペクトが良いと言っておられました。僕も大賛成です。あるプロ野球球団はアスリートファーストはある部分では当たり前で、ファンファーストを打ち出しました。

ボランティア、そして、ファンはアスリートにリスペクトしているから、ボランティア活動でチームを支え、そして、応援をしております。チームとして、我々フロントは勿論の事、選手、コーチングスタッフもボランティア、ファンにもっとリスペクトすべきです。そういったチームが強くなり、地域に、そして、ファンに支持される事でしょう。その芽がBリーグに出ています。

なでしこの火を消さないように・・・

福島開催

月曜日, 6月 4th, 2018

今週末、なでしこリーグカップ第5節、対仙台戦のノジマのホームゲームを福島県いわき市で開催致します。

この紙面でも、何度か書きましたが、ノジマステラは東北大震災を一つのきっかけとして、誕生致しました。

誕生時は海のものとも、山のものとも、分からないクラブでしたが、将来、成長出来たら、やはり東北大震災をきっかけに誕生した仙台さんと、なでしこリーグのチームが無くなった福島県民の皆様の前で試合が出来たらと、クラブとして考えておりました。漸く、昨季、なでしこリーグ1部に昇格でき、仙台さんと同じステージに立ち、実施を模索致しましたが、日程、スタジアム問題等で断念致しました。

今季は対戦チームの仙台さん、スタジアムをお借りするいわき市さん、そして、いわき市サッカー協会さん等のご理解ご協力を得て、漸く開催にこぎ着けました。

相模原、神奈川地域の皆様、そしてエゼクトレの皆様には、遠隔地での開催でご不便ご迷惑をお掛け致しますが、上記の趣旨をご理解頂ければ幸いです。

インターネット放送につきましては、実施に向け、鋭意、努力しておりますが、実施出来るか否か定かではありません。実施が確定致しましたら、公式にてリリース致します。