Archive for 5月 1st, 2011

あすという日が

日曜日, 5月 1st, 2011


「あすという日が」作詞 山本 瓔子  作曲 八木澤 教司
大空を 見上げて ごらん
あの 枝を 見上げて ごらん
青空に 手をのばす 細い枝
大きな 木の実を ささえてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて
あすと いう日が あるかぎり
しあわせを 信じて

あの道を 見つめて ごらん
あの草を 見つめて ごらん
ふまれても なおのびる 道の草
ふまれた あとから 芽ぶいてる
いま 生きて いること
いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて
あすと いう日が くるかぎり
自分を 信じて

震災前からある歌ですが、仙台市立八軒中学校の吹奏楽・合唱部が避難所で歌った事から、震災復興を目指す被災地の希望の歌になりました。全国大会に出場する程の強豪ですが、震災で出場できず、代わりに避難所で歌いました。5月3日(火)にNHK総合の7時30分~8時43分の「歌でつなごう~今、あなたに届けたい」という番組で紹介されます。エンディングを飾るそうです。是非、ご覧下さい。
「あすという日が」はコチラから視聴できます。
http://www.youtube.com/watch?v=QQsKdWKmY-A